お弁当箱の除菌 食中毒対策

お弁当箱の除菌
  • お弁当は、お仕事に、学校に、自分で作ったり、家族に作ったり、作っていただいたりと様々だと思います。
    しかし、お弁当で食中毒になる事例は少なくありません。
    暖かくなるとに菌が繁殖し、20℃を超えると一気に増えるので、夏だけでなく、春先や秋も注意が必要だそうです。
    • お弁当は、食材についた雑菌や細菌などが繁殖することで傷みます。
    • 菌は、「栄養・温度・水」などの条件がそろうと一気に増殖するようです。
    • 特にお弁当のふたに付いているゴムのパッキンには、多くの菌が潜んでいるので要注意です。
    • 熱い状態で容器に入れてしまうと容器内に蒸気がこもり、水滴が発生してしまうのできちんと冷めてから詰めることをオススメします。
    • でも、前日のうちにお弁当箱におかずを詰めてそのまま冷蔵庫で保存するのは、NGです。
    • 時間とともに水分が出て菌が増殖しやすくなり、他のおかずが傷む原因にもなるそうです。
    お弁当は、つくってからすぐ食べるものではないため、食べるまでの間に菌が増えて食中毒の原因となることが多いようです。
    お弁当につめるご飯やおかずになるべく菌をつけないこと、菌を増やさないことが大切です。
    食中毒になる菌を増やさないためにはまず「清潔さ」を徹底しましょう。
    調理を始める前だけでなく、生の肉や魚、卵に触れる前と触れた後も必ず手洗いしましょう。
    生の肉や魚を切ったまな板も使ったらきれいに洗うようにしてください。→調理器具の除菌(kitchen編)
    調理器具は清潔に菜箸や盛り付けに使う箸も、別のものに触れる前には「拭く・洗う・除菌」は徹底してください。→調理器具の除菌(kitchen編
    肉汁や魚から出た血、卵の殻が触れた場合なども注意しましょう。
    これらにも多くの食中毒の原因となる菌が付着している可能性が高いです。→調理器具の除菌(kitchen編)
    お弁当箱やおかずを詰めるときに使う箸、飲み物を入れる水筒などは、使用する前に必ずTRE‣TERIA⁻トレテリア⁻で除菌をしましょう。
    シュッとひと吹きしてキッチンペーパーで拭うと楽ちんです。台拭き
    布のふきんの場合は、繊維に菌が付着している可能性もありますので、TRE・TERIA-トレテリア⁻をシュッとふきかけてから使うようにしましょう。
    調理中に台ふきんで手を拭かないようにしましょう。そのふきんでテーブルを拭くということは、菌を広げる様なものなので気を付けましょう。 食中毒対策
    • 少しの手間で防げる「食中毒」
    • 食中毒への対策は実はとてもシンプルで簡単です。
    • 「菌を繁殖させないようにする」
    • でも、「めんどくさい」ですよね?
    • ですが、その小さな油断が命取りになる可能性もあるのです。
    • いつもやっていることにひと手間!シュッシュするだけでいいんです!!
    • TRE・TERIA⁻トレテリア⁻を使って、食中毒から身を守りましょう!
    • 生活の新習慣にTRE・TERIAートレテリアー
トレテリアのお買い物はこちら