除菌スプレートレテリアの使い方 切り花を長持ちさせる

切り花を長持ちさせるトレテリアの使い方
  • 暖かい季節になると、切り花の持ちがわるくなってしまうもの。
    • 切り花は水に浸かっている部分から傷みやすくなってきます。
    • そのため、水を交換せずに放置してしまうと、水に浸かっている茎や葉が腐ってしまい、
    • そこから細菌が繁殖して水を汚してしまいます。
    • 夏の暑い時期などは、2-3日で水が濁り、嫌な臭いも引き出してしまうので、
    • こまめに水を変える必要があります。
    でも『こまめに水を変えてても、持たない』ってこともありませんか?
    原因は、『水に繁殖する細菌』なんです!
    茎は、水や栄養を吸い上げるポンプの様な役割のもの。
    細菌が繁殖して先端の蓋をされてしまうと、
    水や栄養をうまく吸い上げることができなくなってしまいます。
    『水』に細菌を繁殖させなければ、お花は長持ちします。
    花瓶の水の菌
    『菌』とくれば、除菌が大得意の『TRE・TERIA⁻トレテリア⁻』
    花の結果・15日後
    • これだけの違いがありました。
    • ※弊社の実験では、1回も水の入れ替えはしておりません※
    • TRE・TERIA⁻トレテリア⁻を入れると茎も腐っていません。
    • 細菌がいなくてストレスフリーなのか、お花が元気です。
    • 水の入れ替えは、飾る場所やお花の種類にもよりますが「水」を変える手間を、
    • 3日後・一週間に1回などと変われば、みなさまの手間を省けませんか?
    • 毎日の数分も、チリも積もれば山となり1週間、1か月で計算するとすごい時間ですよね。
    • その時間を、少しでも好きな時間に使いませんか?
    • 使用方法
    • いつもどおり花瓶に水をはります。
      そこにTRE・TERIA⁻トレテリア⁻をシュッシュッシュッ!!
      ※だいたいの目安は、100mlの水にTRE・TERIA⁻トレテリア⁻を3プッシュです。
    • 生活の新習慣にTRE・TERIA⁻トレテリアー
     
トレテリアのお買い物はこちら